エンタメ

鍵山優真の父の杖はいつから?病気や麻痺の理由は脳梗塞?

鍵山優真 父 杖
Pocket

2022年北京オリンピック男子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した鍵山優真さん。

父親である鍵山正和さんも、オリンピックに出場しているフィギュアスケート元日本代表と凄いお方!

そして現在は息子の鍵山優真さんのコーチを務められています。

そんな鍵山正和さんは杖を使用していたり車椅子に乗っていたりと、「病気なの?」麻痺の理由は脳梗塞ではと噂されています。

今回は、鍵山優真の父の杖はいつから?病気や麻痺の理由は脳梗塞?についてまとめましたので、ぜひご覧くださいませ^^

 

鍵山優真の父親の杖はいつから使用している?

父親であり、元オリンピック選手という鍵山正和さんのプロフィールをまとめてみました。

名  前:鍵山 正和(かぎやま まさかず)

生年月日:1971年4月12日(2022年2月 現在50歳)

出  身  地:愛知県名古屋市

職  業:コーチ

 

父親鍵山正和さんの現役時代の成績は?

輝かしい成績はこちら ↓

1990年~1992年全日本選手権3連覇で優勝

1992年アルベールビルオリンピック出場

1994年リレハンメルオリンピック出場

2度のオリンピック出場しており、日本人で初めて4回転ジャンプに成功しているとのことで、まさにエースですね!

引退後は、プロのフィギュアスケート選手として活躍。

指導者としても活躍のち、息子である鍵山優真さんのコーチを務められています。

 

杖はいつから使用している?

元オリンピック選手という凄いお方でもあり、父親でコーチも努められています鍵山正和さんが杖を使用してるところを見ると心配になりますよね。

選手時代に怪我をしたのではと思ってしまいます…

いつから杖を使用しているのか気になります。

調べたところ、2018年6月に病気で倒れたことが分かりました。

 

鍵山優真の父親の病気や麻痺の理由は脳梗塞?

鍵山正和さんが46歳の時に脳出血で倒れたことが分かりました。

脳梗塞との記事もありますが、病名は脳出血だと報道されています。

正和コーチは2018年6月に脳出血で倒れて以来、まだリハビリを続けている状態にある。

出典:https://www.nikkansports.com/sports/news/202104010001131.html

優真さんが中学3年生(当時14歳)の時、ジュニアグランプリシリーズの派遣選考会で演技を終えた後に知らせを聞いたそうです。

相当ショックですよね…

実際に『あまり状況が把握できなくて、気づいたらお父さんが病院にいた。何が起きているのか分からなかった』と当時のことを話されていたそうです。

 

脳梗塞と脳卒中?

似ている脳梗塞と脳卒中の違いはこちら。

脳梗塞・・脳の血管が詰まったり、狭まったことが原因の場合

脳卒中・・脳の中で脳の血管が破れて出血した場合

当時は病名は公表されていなかったようで、どちらも症状が似ているので脳梗塞という情報が出回ったようです。

 

病気の後遺症・麻痺は?

リハビリを続けているそうですが、後遺症として現在も左の手足・顔面などに麻痺が残っているそうです。

近くに行く時は杖を使用して歩いているようですが、長距離になると車椅子とのこと。

お顔もインタビューなどを見る限りではスムーズな会話に見えますし、パッと見では後遺症があるように見えません!

 

ツイッターの声

日本男子フィギュアスケートの第一人者と活躍されている鍵山正和さんをご存知の方は、杖をついている姿を見るとびっくりするかもしれませんね。

しかし親子でオリンピック出場とは、驚かされますね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

鍵山優真の父の杖はいつから?病気や麻痺の理由は脳梗塞?をお送りしました。

鍵山優真さんの父親鍵山正和さんの病気は脳梗塞ではなく、脳卒中で倒れたことが分かりました。

後遺症で麻痺が残っておりますが、杖を使用して歩行が可能とうことです。

選手時代では、日本人で初めて4回転ジャンプを成功させた優秀な選手だったこと。

オリンピックに2回出場している、さらにイケメンだったことが判明しました!

どことなく、鍵山優真さんに似ていますよね?

鍵山正和さんは2022年2月現在は50歳と、まだまだお若いです!

また、2022年北京オリンピック男子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した鍵山優真さんは、現在18歳!

親子2人3脚で今後の更なる活躍が期待できますね!

応援していきたいと思います^^

-エンタメ

© 2022