エンタメ

おそ松さん実写化で失敗はなぜ?スノーマン配役やオリキャラひどい反応を徹底調査!

おそ松さん 実写 失敗
Pocket

人気アニメ『おそ松さん』が実写映画化されると、いろんな意味で話題になっています。

しかも、ジャニーズのスノーマンによって実写化されるとのこと!!

最悪、ありえない、失敗だ、ひどい、と反応がすごいことに...

さらには、配役はどうなるの?、オリキャラって何?と炎上しているようなので、気になり徹底調査してみました。

今回は、おそ松さん実写化で失敗はなぜ?スノーマン配役やオリキャラひどい反応を徹底調査!と題して、まとめてみましたので、どうぞご覧ください。

 

おそ松さん実写化で失敗はなぜ?

おそ松さんが実写化により批判殺到して、失敗と話題になっています。

なぜ失敗と言われているのか、まとめてみました。

 

失敗①実写化に反対の声

そもそもアニメや漫画を、実写化することに反対していることです。

アニメ・漫画だから出来る事なのに、これを実写化するの無理じゃね!って意見が多くみられます。

これについては、おそ松さんだけでなく、実写化されることに対してのファンの声ですよね。

原作ファンが多いと、さらに反対意見は増えることは目に見えてます。

世界観を壊さないでほしいファンからしたら、実写化は恐怖でしかないと思われます。

 

失敗②キャストがジャニーズ

ジャニーズは歌って踊るアイドルのイメージがあり、演技できるのか…と不安要素にしかならないかと。(ジャニーズ所属の素敵な演者さんは、もちろんいます!)

さらに、スノーマン9人全員がキャスティングされていることに、驚きを隠せないのでは?

何かの陰謀では...と考えちゃいますね。

炎上商法と言われているようで、原作を知らないジャニーズファンを獲得したかったのではないか!

おそ松さんファンも、ジャニーズファンもダブルで狙いたかったのではないか?!

 

失敗③オリキャラの登場

急にどうした?なぜにオリキャラ?と原作にいないオリジナルキャラクターが登場し、ファンからは批判的な声が多いようです。

オリキャラが出ると言うことは、あきらかに原作にないストーリーになる可能性大大大ですよね。

おそ松さん兄弟は6つ子。

スノーマンは全員で9人いるため、実写化にあたりオリキャラを登場させたのでは、と言われているようです。

おそ松さんファンからしたら、ありえないし面白くないですよね><

 

【おそ松さん実写化】スノーマン配役やオリキャラひどい反応を徹底調査!

なぜ、おそ松さんの実写化にスノーマンが配役されたのでしょうか。

そして皆さんの反応をまとめてみました。

 

おそ松さん実写化でスノーマン起用理由は?

映画のプロデューサーである菅原大樹さんは、兄弟のような仲の良さや、笑いのセンスの良さをスノーマンのYouTubeを見て決めたとコメントされています。

彼らの公式YouTubeチャンネルを拝見する機会があり、そこで見せる無邪気なやり取りや、お互いのことを想っている様子は見ていて本当に微笑ましくて、まさに「兄弟」そのものだなと感じました。もちろん笑いのセンスもある皆様ですので、彼らとなら「おそ松さん」を実写化出来ると確信しました。本作が「おそ松さん」「Snow Man」ファンの皆様はもちろん、今回初めて知って頂いた方々にも“笑い”や“笑顔”を届けられる作品にしたいと思いますので、皆様是非ご期待ください。

出典:https://natalie.mu/comic/news/439321

 

おそ松さん実写化で配役は誰?

スノーマン配役はこちら

おそ松:向井
カラ松:岩本
チョロ松:目黒
一松:深澤
十四松:佐久間
トド松:ラウール
エンド:渡辺
クローズ:阿部
ピリオド:宮舘

この中で、オリキャラは『エンド、クローズ、ピリオド』の下から3人です。

名前からして終わりを連想させますが、どういう意味になるのか...

気になりますね!

 

ツイッター反応|批判殺到で炎上!

 

ツイッター反応|肯定的意見も?

意外に、 公開が楽しみというツイートを見つけることができました。

批判的な意見もあり、賛成意見もあり、話題性は抜群ですね

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おそ松さん実写化で失敗はなぜ?スノーマン配役やオリキャラひどい反応を徹底調査!をお送りしました。

おそ松さんの実写化は失敗と批判的な声が多い中で、期待されている反応もあり、賛否両論なのかなと感じました。

しかしスノーマン9人全員の配役やオリキャラには少し驚きですね。

原作のおそ松さんとは、別の物語という捉え方も、できるのではないかと思いました!

炎上商法と言われていますが、結果が出たら成功であることは間違いないですもんね。

上映が楽しみですね!

-エンタメ

© 2022